伸喜が導入している朝の業務をご紹介

まっつん matsu まっつん

いつの日か年齢を見失ったいわゆる「おやぢ」
機械いじりが大好きなマニアな血統です。


平日朝一番の本部社員の業務「自己啓発タイム」という時間


伸喜営業本部で48期より導入している「自己啓発タイム」。
平日朝礼前に貴重な時間15分を頂いて自身の知識や知見を拡げる為の時間として活用しています。

これまでにやってきた結果としては、全員が目的を理解した上で取り組んでいる事もあり学びについての考え方が明らかに変わりました!

下の画像は朝礼後に行っている自社では「合同ミーティング」と言われる完全自由型のミーティングです。
このミーティングは平日の午前中に「30分」という時間の中で自分が伝えたい事を自由に表現していける時間があります。
指名制で回ってくる「議長」と呼ばれるリーダーが、自分がやりたい事を30分を使って自由に表現できるミーティング(プチ講演会?w)です。


この「合同ミーティング」も回を重ねる毎にプレゼンのやり方だけ取っても、かなりの時間を使い練りこんでくる方や思考を凝らした手法でやってくる方がおり中身も日に日にレベルアップしています。

このように伸喜では会社のレベルアップを目的に、社員からの提案で始まる取り組みや小田社長のヒラメキで始まるイベント事などワクワクが突然訪れますw
今期は新型コロナウイルスの影響やP業界が悪い意味で注目されてしまい厳しい状況です。
そのような中でも伸喜の社員はいつも先を見てワクワクを探して業務にあたれているのも、風通しが良くて新しい事に積極的に取り組む社風と、今後何をすればいいのかが明確に出されている代表の考えが大きくあると感じています。
今後もどんなワクワクが訪れるのか考えるだけで楽しみです!


まっつん matsu まっつん

いつの日か年齢を見失ったいわゆる「おやぢ」
機械いじりが大好きなマニアな血統です。