「七夕」についてのお話

まっつん matsu まっつん

いつの日か年齢を見失ったいわゆる「おやぢ」
機械いじりが大好きなマニアな血統です。


「七夕」についての思い出

まっつんの「七夕」の思い出は短冊に願い事を書いて笹の葉にこよりで結びつけて、祈ったものです。
昔の「七夕」は、様々な風習が重なって、神様へ豊作や健康を願う儀式と同じ様な感覚で行われていたそうです。
それが一般大衆に広がったのは江戸時代以降だそうで、やり方も簡単になり、竹を飾って、願い事を書いた短冊を吊るすだけになり、竹を飾れないマンションやアパートに住む人が増えたので、現代では家で「七夕」を行っている所も少なくなりましたね。


ロマンチックな想い


今も地域によっては伝統的な「七夕」が行われている所も残っています。
現代の目新しいイベントへ行って「今の七夕」を楽しむも良いですが、のんびりと夜空を見上げながら昔ながらの「七夕」を思い浮かべて、「星に願い事」をしてみてはいかがでしょう。
星が願いを叶えてくれるかもしれません。


まっつん matsu まっつん

いつの日か年齢を見失ったいわゆる「おやぢ」
機械いじりが大好きなマニアな血統です。